シニャのアニメ感想場

好きなものを好きと語りたい。旧作や映画については別ブログがありますのでリンクをご覧ください。

24時~25時くらいにアニメの感想を書いてます。放送中から過去のまでいろいろ書きたい感想を書いていきます。

鬼滅の刃

【鬼滅の刃】無限列車編 第七話 感想【心を燃やせ】

無限列車編最終話の感想です。ほんとは昨日投稿予定だったんですが、遊郭編第一話の感想に流すのは良くないと思って1日ずらしました。 奥義を繰り出す煉獄さん この状態でここまでの技が使えるとかやっぱり凄い。柱なだけはあるなぁ……という感じだった。とい…

【鬼滅の刃】無限列車編 第六話 感想【猗窩座】

いよいよ猗窩座が出てくる第六話。何で来たんだ感が強い。 脱線した列車の乗客を助けに行く伊之助 ふと思ったけど、ザコ鬼の攻撃ならガードできる隊服だよね?車掌の攻撃はガードできなかったのなんで?あれ特殊なアイスピックみたいな感じなのかな?それと…

【鬼滅の刃】無限列車編 第五話 感想【前へ】

いよいよ下弦の壱との決着がつく?第五話。この先見てないから何とも言えないんだよね。たぶんこれで終わりだと思う、次のサブタイあの人だもん 尺調整のアバン 今回は尺調整強いですね。ユニコーンガンダムほどダイナミックではないですがかなり尺調整感の…

【鬼滅の刃】無限列車編 第四話 感想【侮辱】

ようやく夢から覚める第四話。やっぱ映画をぶつ切りにするのは良くないな。本編に比べて面白くない。2時間で調整されてるからちゃんと映画で見た方が面白いんだろうなぁ……という気持ちがすごく強い。 炭治郎の精神の核にたどり着いた少年 この子結核やった。…

【鬼滅の刃】無限列車編 第三話 感想【本当なら】

夢の中でゆめゆめする感じの第三話。あんますきじゃないな、この回。 禰豆子と幸せに暮らす善逸 前回のは煉獄さんの夢の中だったのかな。全員一緒っぽいけど一番活躍してる煉獄さんの夢の方がすんなり来る。“深い眠り”ではないみたいだから浅い時点ではみん…

【鬼滅の刃】無限列車編 第二話 感想【深い眠り】

たしかここから映画本編なんですね。1時間57分の作品を6話にするからOPED分削って考えるとそこまでカットしなくていいと思うのよね。新規があれば十分うまくいくと思うんだが……問題はいいタイミングでカットできるかということかな。 うまい! 車内に響き渡…

【鬼滅の刃】無限列車編 第一話 感想【炎柱・煉獄杏寿郎】

ようやっと無限列車編第一話です。これ更新される頃にはもう七話まで終わってんだよね。というより無限列車編最終話(第七話)の直後に竈門炭治郎立志編最終話(第二十六話)の感想更新してるからね。一応ここから毎日更新で遊郭編はギリ間に合う感じかな。遊郭…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第二十六話 感想【新たなる任務】

竈門炭治郎立志編最終話の二十六話ですが……これってひと昔前ならすごくたたかれた“続きは劇場で!”ではないか。ディケイドは子供向けということもあってすごい叩かれた記憶ある。もうそういう展開が普通ということなのか。 無惨様 人間界で男だからか下弦に…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第二十五話 感想【継子・栗花落カナヲ】

大事な話もするんですが、強化に過去話とちょっと物足りなさが出てくる二十五話。 ツンツン娘 アオイですね。しのぶの屋敷の治療班のリーダーみたいな感じですね。見た目もいい感じなのにちょっと怖そうなのがなぁ……。でもこの子のツンツンは悪くないんだよ…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第二十四話 感想【機能回復訓練】

禰豆子の件もひと段落して回復&強化な第二十四話。 出陣前に話をする二人 炎の方が鬼退治に行くって話で「十二鬼月がいるかもしれない」とか言ってるんだよね。「上弦かもしれない」ともいってるから完全にフラグなんだけど、これは原作にあったのかアニオリ…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第二十三話 感想【柱合会議】

禰豆子の入隊が決まる第二十三話。やっぱりというか柱はわかりやすい感じのキャラが多いね。 炭治郎を援護する義勇 蛇はかなりの否定派なので炭治郎を必要以上に抑えてた。リアルでも制圧時に死亡する例が多々あるけど完全にこれが原因なのよね。制圧時に肺…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第二十二話 感想【お館様】

頭のおかしな人達大集合な第二十二話。柱はやはりどこかおかしくないとたどり着けない強さにいるのかな。 有名人 よく見る人。無限列車編で死ぬってことだけは知ってる。あとなんか弁当たべてうまいうまい言ってるのも知ってる。画像めっちゃ見てたから声に…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第二十一話 感想【隊律違反】

那田蜘蛛山編終了の第二十一話。ところで那田ってなんなのん?地名でいいのかな。那田にある蜘蛛の山って意味なら違和感ないんだけど。 累の過去が語られる 体が弱く、無惨様に強くしてもらったけど鬼になって、受け入れてくれない両親を殺してしまった……と…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第二十話 感想【寄せ集めの家族】

蜘蛛の話がひと段落する第二十話。これで蜘蛛は全滅ですね。 生きてた累と逃げる炭治郎 炭治郎は呼吸乱発でもう動けない。家に伝わる呼吸で戦えた理由が謎とか言ってたけど視聴者的には特に違和感はない。まぁそういう持ってる家系だということでしょう。こ…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第十九話 感想【ヒノカミ】

凄いひと段落感のある第十九話。なんかいろいろわかったようなこれで一区切りの様な……感じが予告で吹っ飛びました。 折れた 累の糸の方が強くて刀が折れたんだよね。それで鱗滝さんとか鍛冶師の人に謝ってたけどさ、あの鍛冶師は笑いそうな気がする。まぁ生…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第十八話 感想【偽物の絆】

サイコロステーキ先輩の登場回ですね。トレンドでしか知らなかったけどこれはネタになるわ。 父蜘蛛VS炭治郎&伊之助 顔以外蜘蛛要素のない父蜘蛛。他の家族も蜘蛛要素ほぼないけどな。糸を使う以外に蜘蛛要素ないから仕方ない。スパイダーマンは名前とか体に…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第十七話 感想【ひとつのことを極め抜け】

善逸物語な第十七話。兄蜘蛛さんは女の子だったとしてもノーセンキューですね。あれが大丈夫なのが真のケモナーなのかもしれない……と思ったけど蜘蛛だから獣カウントされなくてケモナーの範囲外の可能性があるのか、どうでもいいけど。 人面蜘蛛に遭遇する善…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第十六話 感想【自分ではない誰かを前へ】

母蜘蛛との決着がつく第十六話。思ったより早かったけど家族いそうなのでかなり時間かかりそうですね。というかまだOP変わらない……せめて映像だけでも変わると思ったんだけどもしかして最後までこのままとかあるのかな。 操られてる鬼殺隊と戦うふたり こう…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第十五話 感想【那田蜘蛛山】

サブタイで敵が蜘蛛の能力を持つことがわかってしまう罠。こういうネタバレってあるよね。まぁ城之内死すが強すぎてこの程度霞むけど。 置いて行かれる善逸 グダグダ言ってる間に行ってしまった。3人とも完治したから一緒に出発したんだけど山の前で善逸が取…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第十四話 感想【藤の花の家紋の家】

独特な空気のある十四話。ここまでネタに吹っ切ってくれるとネタでも違和感ないんだよ。シリアスな場面で炭治郎がギャグ担当になるのはいまだに受け付けないけど。 炭治郎VS伊之助 猪突猛進だけじゃなく低く低く攻撃してきた。どんどん低くなる戦いで猪木VS…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第十三話【命より大事なもの】

鼓の鬼と決着がつく第十三話。善逸の株がストップ高になる回ですね。 凄い連打で苦労してるところに着地まで大変なことになってた。 ここで避けたことで上手い動き方に気づくんだよね。そもそもヒビを越えて折れてたら歩くのもきついと思うんだけど。まぁそ…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第十二話 感想【猪は牙を剥き 善逸は眠る】

鼓の屋敷で戦闘が始まる第十二話。1話で鬼2体撃破って最終選別以来なのかな。沼は分身なので1体カウントとしても鬼殺隊3人で鬼2体だから割と良いカウント。共闘できてないのが悲しいか。 猪突猛進な変顔 ほんと変な顔よ。人すら踏んでいいとか常識がない。鬼…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第十一話 感想【鼓の屋敷】

新たな敵と遭遇する第十一話。OPの感じ的にここが1クール目のラスボスでしょうね。 嫌われる善逸 この女の子の声はわかった。青葉だとすぐにわかるあたりはもうダメだな。ちょっと聞きなれない感じの声だったんだけど普通にわかったよ。このくらいならなんと…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第十話 感想【ずっと一緒にいる】

二人組の鬼との決着がつく第十話。最後の下野が全部持って言った感あるんだよね。 首切られたのに最後の悪あがきをする矢印鬼 死なば諸共と言わんばかりに最期に全力を出してきた。最初からこれやればよかったのに、勝てると思う油断からきたのかな。それと…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第九話 感想【手毬鬼と矢印鬼】

本格的に強い鬼と戦う第九話。1話で片付けると思ったら2話かけるんですね。それほど強いということか。 愈史郎さんの首ぽーーん 手毬がすごい方向に流れて愈史郎の首吹っ飛ばしてた。普通の人間なら死んでるよ。まぁここからの回復がちょっと……という感じだ…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎立志編 第八話 感想【幻惑の血の香り】

無惨を取り逃がしたりいろんな鬼が出てきたりする第八話。 鬼にされた人を押さえてるうちに無惨には逃げられる ほっとくと鬼が人を襲うからほっとけないんだよね。この辺は優しさなのか弱さなのか。人によっては鬼を斬って即無惨を追いかけるのもいそうなん…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第七話 感想【鬼舞辻無惨】

いよいよラスボスと初接触な鬼滅の刃第七話。 戦力になる禰豆子 一応鬼になっているということで戦闘でも普通に使えるという便利さ。守るべき妹から共闘できる仲間に昇格した感ある。鬼の力を解放したときは顔ですぐにわかるの便利でいい。そして帰るときの…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第六話 感想【鬼を連れた剣士】

いよいよ初任務な第六話。なんかいろいろとハードすぎる気がしますが、この先もっと何か待ってるんだろうか。 制服に着替える炭治郎 防御力高いらしい。「ザコ鬼だと傷をつけることもできない」らしいです。服の防御力をわかりやすくするために最初の敵はザ…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第五話 感想【己の鋼】

最終選別が終わる第五話。ここでひと段落という所ですかね。 悲しみを感じる炭治郎 そうか、すっかり失念してたけど、最初から敵が元人間とわかってる状態だったんだね。よく化け物倒した後に元人間でしたってばらすやつあるじゃん。これは禰豆子から元人間…

【鬼滅の刃】竈門炭治郎 立志編 第四話 感想【最終選別】

ようやく呼吸と型をちゃんと使った第四話。苦手だったギャグテイストも消えていたのでこのままいけば乗り越えられるかな。 最後の晩餐っぽい豪華な食事 これずっと用意してたのかな。それとも斬ったのを見てから用意したのかな。どっちにしろ鱗滝さんの頑張…